デザインだけではない!デザイナーに求められる実践的な技術力

専門学校で学べる仕事に直結した技術

デザインはコンピューターを用いてグラフィックなどの技術を使いオリジナルの作品を制作するイメージがあります。しかし、実際には店舗のディスプレイを考案したり、既存の製品を組み合わせて理想的な空間をつくり出すなど手作業がメインとなる仕事も多くあるんですよね。これらデザイン関連の仕事は展示会のディスプレイを製作したり、テーマパークのデコレーションを行うなど幅広い職種が見られます。従って、仕事に直結した技術も専門学校では学べるので就職に役立つんですよね。

インターンシップでの貴重な経験

デザイン関連の仕事では実践的な技能を身に付ける上でインターンシップが役立つ経験となります。専門学校ではインターンシップがカリキュラムの一部として組み込まれていることが多く、授業で学んだデザインスキルを現場で使用して仕事に専念出来るんですよね。また、インターンシップにより業界の仕組みを学ぶ事が出来たり、関係者とのコネクションをつくる上でも役立てる事ができます。その為、インターンシップの経験は将来的に仕事に活かせる知識を学ぶ事が出来ます。

デザインと共に重要になる加工技術

それぞれが考案したデザインを理想のかたちにする為には専門的な技術が必要です。特に、金属を多用するアクセサリーなどはデザインを考案した後の加工技術が重要になるんですよ。その為、アクセサリーはデザイン設計に加えて、金属加工で使用される精密機器の使い方や加工技術を養うことがデザインの幅を広げます。専門学校では最新の機械も導入されているので、製作作業を通じて優れた装飾品を造る様々な技術を磨くことが出来ます。

ゲームの専門学校では、プログラム・シナリオ・グラフィックなどの、ゲーム製作に必要な知識や技術を身につけることが出来ます。