知っているようで知らない!?エクセルのテクニックを大公開!

同じ動作を繰り返すことができる魔法のキー!

エクセル等の表計算ソフトでの操作で一番多いもの。それはズバリ、「罫線を引く」ことでしょう。何度も何度も線を引くのってめんどくさいですよね。そんな時に大活躍する魔法の”キー”をご紹介しましょう。それは【F4】キーなんですよ。このキーは直前の動作を繰り返す、という働きを持っています。使い方も簡単!罫線を一度引いた後、別の場所を指定してF4キーを押すだけです。これだけであっという間に罫線を引くことができますからね。これで作業効率もアップ間違いなしですね。

計算しなくてもOK!パッと見で合計がわかる方法!

エクセルの利用方法の中でも、関数を使った作成物が一番の割合を占めます。でも、数字の合計がちょっとだけ知りたい、でもいちいち関数をつかって計算するのは時間が掛かるし。そうお考えのあなた!とっても簡単な方法で、すぐに合計数がわかる方法があるんですよ。それは、計算したい数字をすべてドラッグするだけ!そうするとエクセルの右下の所に、ちゃんと合計の数字が出ているんです。しかも、それだけではありませんよ。なんと選択したデータの個数や、平均値まで自動で計算されますからね。ちょっと見たいときにこれを使えば、時間の節約にもなりますね。

ダブルクリックするだけ!自動で幅を調節してくれます

エクセルの最初のシートは縦と横の幅は統一されています。ただ、数字や文字を入力していくうちに、その枠をはみ出してしまうことってありませんか?きっと気になる人も沢山いるでしょう。だからと言って、自分でいちいち列の幅を変えていると、いつまでたっても作業がおわりませんよね。そんな時は、一番上の行と行、または列と列の間をダブルクリックしてみてください。そうすると、一番幅や列の広いものに合わせて、自動調節してくれるんです。これがあれば、見栄えもきれいな表も簡単に作れますね。ぜひ試してみてください!

エクセルの講座を受講することで、表計算のコツをつかむことが出来、事務作業に必要なパソコンのスキルを高めるうえで大きな役に立ちます。