相続税を減らすために!税理士に頼むメリットとは?

相続税の仕組み!遺産に基づいて算出される!

親が残しくれる財産を有効に活用することはとても大切なことですよね。相続に関しては、財産分与をどうするか等、当事者で話し合うべき問題に加えて、国に相続税を納める必要も出てきます。税額は亡くなった方が残してくれた財産に基づいて決定されます。このうち、土地や不動産などの評価についても詳しい規程があり、素人が理解するのはなかなか難しいという現状があります。もし、財産の評価のやり方や相続税の申告に関して困ったら、税理士に相談するということになるでしょう。

資産の評価に詳しい税理士!

税理士に相続税の相談をするメリットは、単に手続き上の難しさを解決してくれるだけではありません。相続税の税制に詳しい税理士であれば、納める相続税を軽減してくれるケースもあるようですよ。基本的に相続税は残された資産に対してかかるので、不動産の評価額が低くなれば納める税額は減ることになります。税理士が資産評価の専門知識を持っていれば、税法で認められる範囲で最小限の評価額を算出することが可能です。特に土地の評価に関しては、専門知識によって評価額が大きく変わる事例もあるようです。

資産が多い人は事前に相談してもよい?

資産が少なければ相続税を納める必要もありません。税理士に相談して大きなメリットが期待されるのは、土地や不動産などの財産を多く持っている人ということになるでしょう。資産があると感じている人は、生前のうちから税理士に相談しておくのもとてもおススメです。税制には生前贈与や、生命保険に対する控除など細かい仕組みがたくさんあります。事前にそのような仕組みを上手く利用して相続税対策をしておけば、実際支払う税額を軽減することができますよ。税理士への相談、是非一度検討してみても良いですよね。

相続の申告を税理士にお願いする方法については、様々な媒体で紹介されており、実績のある事務所の特徴を調べることが大切です。