自己破産の弁護士費用を捻出する方法は複数あります

弁護士費用は分割払いが可能な事務所もあります

自己破産を行う際に依頼する弁護士費用は、20万円台から50万円前後まで依頼する弁護士事務所により様々です。弁護士へ依頼する場合には、着手金と成功報酬の両方が必要となることが一般的ですが、自己破産を専門に扱う弁護士事務所では事務員に手続きの一部を行わせることで費用を安くする工夫をしている所もあるのですよ。実際には自己破産を考えている人にお金が無いことは分かっているので、分割払いに応じる弁護士事務所は増えています。じっくりと自分にあった弁護士を探すと良いでしょう。

過払い金返還請求で得られたお金も弁護士費用に

消費者金融からの借入期間が長い場合には、借金は既に完済しており過払い金が発生している可能性があります。債務調査を最初に行った段階で、過払い金があることが判明した際には、先に過払い金返還請求訴訟を行い弁護士費用の一部に充当することも可能ですよ。弁護士もその点は承知しており、少しでも多く過払い金を取り返そうと頑張ってくれます。自己破産を行う際には、過払い金返還請求を先に行わないと資産を浪費したとみなされるので注意が必要です。

法テラスを利用することも可能です

自己破産手続きを弁護士に依頼する際に、法テラスの紹介を受けて依頼する場合には法テラスから一時的に立て替え払いを受けることが可能です。紹介される弁護士を指定出来ないという注意点はあるものの、費用を最安で済ませたい場合や自分に合った弁護士を探す余裕すら無い状況の場合には、積極的に法テラスを利用すると良いでしょう。自己破産手続きには申立書と陳述書を作成する段階で多くの手間と法律知識が必要となるので、弁護士に任せて早く生活を取り戻せるよう努力した方が良いですよね。

自己破産すると、ブラックリストに登録されるため一定期間は金融機関から借り入れができなくなりますが、返済義務が免除され再スタートが切りやすくなります。